トピック

<コラム> 2章/全10章

 

 

<コラム> 2章/全10章
 
◆ある八百屋の物語(2)

  八百屋の主人は困っていました。
  毎週、野菜や果物が結構売れ残るのです。
  余ったからといって、安売りしたり捨てたりばかりしていては利益が
  逼迫するばかりです。
  仕入れを減らせば売れ残りは減りますが、
  そもそも売上が減るわけで…生活が立ち行かなくなります。
  
  □もっと売上を伸ばして、利益も上げたい。何をすればいいんだ…
  
     そんな主人の悩みに、
     ヒントをくれたのが大学生の娘でした。
  
    ○買いたいと思うものを売らなきゃ売れないわよ
  
  □買いたいものって、みんな野菜と果物を買いに来てるんじゃないか
 
    ○みんなって誰よ?女子高生?
  
  □女子高生なんて八百屋にゃ来ねえよ!
  
    ○来るわよ。みんな野菜ダイエットしたり、美容のために朝から
     スムージー作ったりしてるんだから!
   
  □ダイエット?むーじー・・・???
  
    ○スムージー!野菜ジュースのことよ。
   果物混ぜて飲みやすくして…
  
  □それだ!!若い女性向けに野菜ジュースと材料を売ろう!

  こうして「八百屋のスムージー」はダイエットブームに乗って
  口コミで若い女性に広まって行きました。
  八百屋の主人は、てんてこ舞いで嬉しい悲鳴を上げています。

  ~解説~
  
  新しいビジネスを考え付くには、まずお客様(ターゲット顧客)を
  設定する必要があります。
  なるべく具体的にペルソナを想定し、お客様はどのような行動を
  とるだろうか、何を欲するだろうか、何に価値を見出すだろうか
  ・・・等をイメージしていくことが重要です。
  
 ------------------------------------
 <自己紹介>
   日本クイント株式会社
   代表取締役 最上 千佳子
   
   ITSM、リーンIT、ソーシングガバナンス等、ITをマネジメント
   という観点から強化しビジネスの成功に貢献するための、
   人材育成と組織強化のコンサルティングに従事。
   参考:「資格Zine」連載(http://shikakuzine.jp/author/15)
   
   ※ITIL(R)は AXELOS Limited の登録商標であり、
    AXELOS Limitedの許可のもとに使用されています。
    すべての権利は留保されています。

<コラム> 1章/全10章

 

 

<コラム> 1章/全10章
 
◆ある八百屋の物語
 
  ある商店街の八百屋の主人はいつも元気いっぱい、サービス精神
  旺盛です。
  土曜日も夕方、明日は休みなので半額セール中です。
  そこに仕事帰り風の女性が買い物に来ました。
  
   「すみません、トマト一山ください。」
   
     「いらっしゃい!お姉さん綺麗だから、サービスで
        もう一山つけちゃうよ!」
        
   「え?!いえ、そんなには…」
   
     「いいからいいから、持ってっちゃって!まいどあり~!」
 
   ・・・その女性は、二度と来なくなりました。

 【Q】 主人は「サービス」したはずなのですが、顧客を一人失って
    しまいました。何故でしょう?

◆一人暮らしA子の物語
 
  A子は社会人3年目。毎日仕事に追われる日々です。
  今日は土曜日。久しぶりに近所の商店街にやってきました。
  『たまには料理でもしようかな。
  でも平日はめったに食べられないから食材は土日に食べきれる
  程度にして…。』
  ちょうど半額セール中のトマトをみつけました。
  一山だけ買うつもりが、八百屋の主人に押し付けられて二山持って
  帰らされることになりました。
  予想通り、トマトは余ってしまい、最後は腐って捨ててしまいました。
  『あーーーーーもう!あのお店には絶対行かない!!!』

 【A】 A子にとって追加のトマトはたとえタダでも価値はありませんでした。
    お客様は「価値がある」と思うからこそ対価を支払うという図式が
    ビジネスの根本です。
    ビジネスにおいて「サービス」とは、対価をいただけるほどに
    価値があることです。
 
 ------------------------------------
 <自己紹介>
   日本クイント株式会社
   代表取締役 最上 千佳子
   
   ITSM、リーンIT、ソーシングガバナンス等、ITをマネジメント
   という観点から強化しビジネスの成功に貢献するための、
   人材育成と組織強化のコンサルティングに従事。
   参考:「資格Zine」連載(http://shikakuzine.jp/author/15)
   
   ※ITIL(R)は AXELOS Limited の登録商標であり、
    AXELOS Limitedの許可のもとに使用されています。
    すべての権利は留保されています。

<コラム> 序章/全10章

<コラム> 序章/全10章
 
クラウドやIoT, Fintech, AI等の単語の誕生からもわかるようにITは
「PCを活用する企業がビジネスで利用する特殊なもの」から、
「スマートフォンや家電を利用する一般消費者が使用する日常生活に
欠かせないもの」へと急速に発展してまいりました。
このような時代の変化に追随し、新しい時代感覚でビジネスを展開する
企業と競争して生き残るために、
 
 ・開発分野では、AgileやSCRUMといった考え方や手法や
  それを実現するためのツールが注目を浴びています。
 ・開発も運用も含めIT業界では、LeanやDevOpsという古くて
  新しい概念が、再編成されて注目を浴び始めています。
 ・更に、サイバーセキュリティの脅威がクローズアップされ、
  防御し、対処するために、日々、最新の技術が発表されています。
 
しかし、このような最新技術やツールを使用することが目的になって
はいないでしょうか?
技術やツールはもちろん大切ですが、それらは目的を達成するための
手段です。
 
 ・何のために、何をする必要があるのか?
 ・そもそも自分達の進むべき方向は…?

ビジネス全体を俯瞰し、マネジメントするための基本的な考え方や
手法について理解を深めることは、変化の激しい時代を生き残るための
素養として必須の要素です。
ITIL(R)で有名なITSM(ITサービスマネジメント)がIT企業だけでなく、
ITユーザー企業でも見直されてきていることがその証とも言えます。

今後の連載では、ITSMをベースに戦略的思考や新たな価値創造なども
含めた最新情報をわかりやすく紹介してまいります。
読者の皆様がoutthinkするために、そしてoutthinkしたサービスを
ビジネス化するために、何かしらのヒントを次号よりご提供できれば
幸いです。
 
 ------------------------------------
 <自己紹介>
   日本クイント株式会社
   代表取締役 最上 千佳子
   
   ITSM、リーンIT、ソーシングガバナンス等、ITをマネジメント
   という観点から強化しビジネスの成功に貢献するための、
   人材育成と組織強化のコンサルティングに従事。
   参考:「資格Zine」連載(http://shikakuzine.jp/author/15)
   
   ※ITIL(R)は AXELOS Limited の登録商標であり、
    AXELOS Limitedの許可のもとに使用されています。
    すべての権利は留保されています。