トピック

BACメルマガ啓蟄号 クイズと正解

 

【クイズ】


 1.「品質が高い」の説明として最も正しいものはどれでしょう?
  

  a. 商品の質が高いこと
   b. バグや故障が限りなく少ないこと
    c. 要求事項を満たしていること

  

 2. 「DX時代」と言われる昨今ですが、「DX」の元の英語はどれでしょう?
  a. Digital Transformation
  b. Digital Experience
  c. Design Thinking


【正解&解説】


 1. 「品質が高い」の説明として最も正しいものはどれでしょう?

   

 〔正解〕  c. 要求事項を満たしていること

  

 〔解説〕 

  ISO9000では「本来備わっている特性の集まりが要求事項を満たす程度」と表現されています。

  つまり、例えバグゼロであったとしても、要求を満たしていなければ、品質が高いと言えない、ということになります。


 2. 「DX時代」と言われる昨今ですが、「DX」の元の英語はどれでしょう?


 〔正解〕  a. Digital Transformation

 

 〔解説〕 

   DXとは、Digital Transformationのことであり、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・

   ストルターマン教授が提唱したとされる「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念です。
   技術のこれまで以上に急激な進化により、デジタル・ディスラプションと呼ばれる産業構造の破壊と再編成も加速され始めています。

   このような時代において、イノベーションを起こし生き残るための手法群を集めたものの一つとして注目されているのがDesign Thinking(デザイン思考)です。

 

 

  

  

  

  

BACメルマガ小寒号 クイズと正解

【クイズ】

 

   1.Pythonの説明として正しいものは以下のどれでしょうか。

 

     a. AI(人工知能)
     b. IoT用API
     c. 開発言語

 

   2. AIに関する以下の中で正しい説明はどれでしょうか。

 

     a. AI(人工知能)は、Deep Learning(深層学習)のことである
     b. Deep Learningは機械学習の一種だが、学習データの特徴を自分でみつけるという点が従来の機械学習と異なる
     c. 機械学習は、AI(人工知能)以前にあった方法論で、機械に既存の情報を学習させる方法である

   

   

   

【正解&解説】

  

   1.Pythonの説明として正しいものは以下のどれでしょうか。

  

   〔正解〕  c. 開発言語

  

   〔解説〕
 
     Python(発音は「パイソン」)は、汎用のプログラミング言語です。文法がシンプルに設計されており、
     コードの可読性を高めているので、読みやすく、書きやすいのが特徴の開発言語です。
     開発にすぐに使えるライブラリや統合環境も用意されています。
    組み込み開発やWebアプリケーション、機械学習など、幅広く開発が可能です。
    また、シンプルであるという特徴から、教育用に使用されてもいます。

   

  2.AIに関する以下の中で正しい説明はどれでしょうか。

  

   〔正解〕  b. Deep Learningは機械学習の一種だが、学習データの特徴を自分でみつけるという点が従来の機械学習と異なる

    

   〔解説〕
   
     簡単に言えば、AI>機械学習>Deep Learningと表現されます。

  

     ・機械学習とは、「人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行ている学習能力と同様の機能をコンピュータで
       実現しようとする技術・手法のことである」(出典「ウィキペディア」)

  

     ・ディープラーニングとは、「多層のニューラルネットワークによる機械学習手法である」(出典「ウィキペディア」)

  

  

  

  

  

BACメルマガ大雪号 クイズと正解

【クイズ】
 
1.イタリアの経済学者が発見した「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している」

 という法則(「80:20の法則」 「ばらつきの法則」とも言う)を元に分析する手法は以下のどれでしょうか。

  

  a.パレート分析
  b.フィッシュボーン分析
  c.なぜなぜ分析

     

2.「リードタイム」の説明で正しいものはどれでしょうか。

  

  a.見込み客
  b.商品を納品する期限(納期)
  c.発注から納品までの時間

  

【正解&解説】

  

1.イタリアの経済学者が発見した「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している」

 という法則(「80:20の法則」 「ばらつきの法則」とも言う)を元に分析する手法は以下のどれでしょうか。

     

 〔正解〕  a. パレート分析

  

 〔解説〕
  a.イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則で「パレートの法則」を元にした分析手法です。
    様々な要因のうち2割が、全影響の8割に起因するというような法則で、経済、自然現象、ビジネス等さまざまな
    事例にあてはめられます。
    これを活用した分析手法を「パレート分析」、さらにこの分析結果をまとめる図を「パレート図」と呼び、
    品質管理の分野では「QC七つ道具」の1つとしても有名です。

  

  b.この分析による「フィッシュボーン・チャート」(別名「石川ダイアグラム」)は、石川馨氏が考案した、
    物事の特性と要因の関係を系統的にツリー状にまとめて表現する図として有名です。これも「QC七つ道具」の1つです。

  

  c.「なぜ」を繰り返し、発生した問題の真の原因をみつけ、根本的に対策を打つための分析手法です。
    トヨタ生産方式の代表的な手法の一つです。

  

2. 「リードタイム」の説明で正しいものはどれでしょうか。
    
 〔正解〕 c. 発注から納品までの時間

  

 〔解説〕
   a.は「リード」です。
    「リードタイム」とは、発注から納品までの時間や期間のこと指します。このリードタイムを短くすることにより
    お客様が求める価値を速く届けることができます。トヨタ生産方式やリーンでは、このリードタイムを短くするための

       様々な手法が用意されています。

 

   

  

  

BACメルマガ立冬号 クイズと正解

【クイズ】

  1.最近注意喚起されているサイバー攻撃の一つに「ヒョウテキ型攻撃」があります。
    「ヒョウテキ」の漢字とその説明で正しいものはどれでしょうか。

  
    1.表的型攻撃:攻撃対象を表(リスト)で一覧管理し、端から順に網羅性をもって確実に行う攻撃
    2.豹敵型攻撃:豹が敵を狙う時のように、対象者に狙いを定めて迅速かつ獰猛に行う攻撃
    3.標的型攻撃:特定の組織に標的をしぼり、組織的・持続的な意図をもって行われる攻撃

  

  2.アジャイル開発の基本理念をまとめた「アジャイルマニフェスト」では、二つの事柄ずつ比較して、「左記のことがらに価値があることを

    認めながらも、右側のことがらにより価値をおく」としています。以下で左右の組み合わせが間違っているものはどれでしょうか。

    

  1.包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを
  2.ウォーターフォールよりも柔軟な開発を
  3.契約交渉よりも顧客との協調を

  

【正解&解説】

  1.最近注意喚起されているサイバー攻撃の一つに「ヒョウテキ型攻撃」があります。
    「ヒョウテキ」の漢字とその説明で正しいものはどれでしょうか。

  

      〔正解〕 c. 標的型攻撃:特定の組織に標的をしぼり、組織的・持続的な意図をもって行われる攻撃

  

      〔解説〕    情報セキュリティ対策推進会議(CISO等連絡会議)で、以下のように定義されています。
          「標的型攻撃とは、政府機関において機微な業務・情報を扱う特定の組織に対し、攻撃手段として電子メールに添付した
          不正プログラム等によって職員の端末に侵入を図るなど、組織的・持続的な意図をもって行われる外部からの情報窃取・

          破壊等の攻撃を指す。」

  

   2.アジャイル開発の基本理念をまとめた「アジャイルマニフェスト」では、二つの事柄ずつ比較して、「左記のことがらに価値があることを

    認めながらも、右側のことがらにより価値をおく」としています。以下で左右の組み合わせが間違っているものはどれでしょうか。

    

   〔正解〕 b. ウォーターフォールよりも柔軟な開発を

      

   〔解説〕  アジャイルマニフェスト(アジャイルソフトウェア開発宣言)では、a,c以外にあと2つ、次のように比較されています。
          ・プロセスやツールよりも個人と対話を
          ・計画に従うことよりも変化への対応を
          つまり、いかに速く、いかに確実に、「今」顧客が求めているバリュー(価値)を提供するかを追求する心意気がそこには

          まとめられています。