トピック

BACメルマガ寒露号 クイズと正解

【クイズ】

    

 1.. ITIL(R)の説明で最も正しいものはどれでしょうか。

    

   a. プロジェクトマネジメントの知識体系
   b. ITサービスマネジメントのベストプラクティス集
   c. 開発と運用がシームレスに協働することにより価値を生み出す組織の在り方

    

 2. 「The Phoenix Project(フェニックスプロジェクト)」という書籍が最近注目されています。
   題名の通り、「不死鳥(Phoenix)」のようによみがえることを目指し、傾きかけた経営をV字回復することを

   目指すプロジェクトをいかに進めて、紆余曲折の後に最後には成功するという物語です。
   舞台は自動車部品会社のIT部門であり、サービスデスクやサポート部門、高度な技術を持つ技術者たちが
   悪戦苦闘しながらだんだんと事業側(社長や人事部長や営業部長)と連携して成長していくという内容です。
   最後には、全社一丸となって、変化するビジネスニーズに柔軟に対応しながら本当に価値のあるITシステムや
   機能やサービスをリリースしていきます。

    

   この物語(The Phoenix Project)で扱われているテーマは以下のどれでしょうか。(上記の説明がヒントです。)

    

   a. プロジェクトマネジメント
   b. ITサービスマネジメント
   c. DevOps

    

【正解&解説】

  

 1. ITIL(R)の説明で最も正しいものはどれでしょうか。

   

   〔正解〕  b. ITサービスマネジメントのベストプラクティス集

     

   〔解説〕  ITIL(R)とはIT Infrastructure Libraryの略で、ITサービスマネジメントの世界のベストプラクティス
          (成功事例)をまとめてフレームワーク化したものです。

          a. PMBOK(R)(Project Management Body Of Knowledge)
          c. DevOps(Development【開発】 と Operations【運用】)

   

 2. この物語(The Phoenix Project)で扱われているテーマは以下のどれでしょうか。

    

   〔正解〕  c. DevOps

      

   〔解説〕  開発(Development)と運用(Operations)が協働し、さらには事業(Business)ともシームレスに
          連携することによって迅速かつ高品質にビジネスニーズを実現するための考え方や手法が

          DevOpsとして注目されています。
          この「The Phoenix Project」という書籍は、DevOpsを少しずつ取り入れていった組織の成功の物語です。

    

  

  

BACメルマガ白露号 クイズと正解

【クイズ】

   

 1.ドイツ政府が推進する製造業のデジタル化・コンピューター化を目指すコンセプト、国家的戦略的プロジェクトです。

  ここから、IoTやAIを用いることによる「第四次産業革命」という一般用語としても使われるようになりました。

  これを表す言葉は以下のどれでしょうか。

   
   a. Industry 4.0
   b. Society 5.0
   c. COBIT5

     

 2.プロジェクトマネジメントについての知識体系をまとめた書籍として「PMBOK®」が有名ですが、最新のPMBOK(R)の

  バージョンは何版でしょうか。

  
   a. 第4版
   b. 第5版
   c. 第6版

   

【正解&解説】

  

 1. ドイツ政府が推進する製造業のデジタル化・コンピューター化を目指すコンセプト、国家的戦略的プロジェクトです。

  ここから、IoTやAIを用いることによる「第四次産業革命」という一般用語としても使われるようになりました。

  これを表す言葉は以下のどれでしょうか。


  〔正解〕 a. Industry 4.0

  
  〔解説〕

   「Society 5.0」は、日本政府提唱による科学技術政策の基本指針のひとつです。科学技術基本法に基づき、

   5年ごとに改定されている科学技術基本法の第5期でキャッチフレーズとして登場したものです。

   サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の

   解決を両立する、人間中心の社会(Society)を目指します。

  

   「COBIT5」は、COBIT(Control Objectives for Information- related Technologyの略語)の最新バージョンです。

   ITガバナンスとITマネジメントのためにフレームワークとしてまとめられました。「COBIT4.1」の際に、J-SOX対応に

   活用された企業も多いのではないでしょうか。

   最新バージョンでは、これまで以上に事業体のガバナンスにまで踏み込んだ内容へと拡張されてきています。

  

 2.プロジェクトマネジメントについての知識体系をまとめた書籍として「PMBOK®」が有名ですが、最新のPMBOK®の

  バージョンは何版でしょうか。

  
  〔正解〕 c. 第6版

  
  〔解説〕

   2017年9月にPMBOK®ガイド 第6版(A Guide to the Project Management Body of Knowledge - Sixth Edition)がリリース

   されました。
   大幅な改訂ではありませんが「プロジェクト・ベネフィット・マネジメント計画書」等のプロジェクトマネジメント・ビジネス文書の

   記載が追加されたり、リスク・マネジメント知識エリアでは「プロジェクト全体のリスク」へ範囲を広げたりなど、これまでよりも

   広い目線と責任範囲でのプロジェクトマネジメントの大切さが強調されていると言えます。

  

 


BACメルマガ立秋号 クイズと正解

【クイズ】

  

 1.RPAとは何の略でしょうか。

    

    a.Repeatable Process Automation
    b.Robotic Process Automation
    c.Robotic Protocol Application

    

 2.AIには「強いAI」と「弱いAI」がありますが、以下のうち「強いAI」はどれでしょうか。

    

    a.将棋かチェスなどのゲームが人間を上回って強いAI
    b.犬と猫と熊など、動物の種別を判別できるAI
    c.人間と同じように意思を持つAI

    

【正解&解説】

  

 1. RPAとは何の略でしょうか。

    

  〔正解〕   b. Robotic Process Automation

      

  〔解説〕

        

    認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みです。
     (Wikipediaより)場合によっては、3つの段階(Class)に分けて説明されることもあります。

    

       Class1:RPA 定型作業を自動処理する。(狭義のRPA)
       Class2:EPA Enhanced Process Automation。ビッグデータを分析・処理する。
       Class3:CA Cognitive Automation。ビッグデータを分析した上で、その後の選択肢を判断・提案する。

      

 2. AIには「強いAI」と「弱いAI」がありますが、以下のうち「強いAI」はどれでしょうか。

      

  〔正解〕   c. 人間と同じように意思を持つAI

      

  〔解説〕

      

   「強いAIと弱いAI(Strong AI and Weak AI)は、人工知能(AI)が真の推論と問題解決能力を身につけられるか否かをめぐる
     論争において用いられる用語である」(Wikipediaより)
     AIについて将来を論じるにあたり、あらゆる能力レベルのAIを一言でまとめて議論することが多いが、人間のような知能や認知能力、
     判断力、自らの意思を持つような「強いAI」の誕生はまだ先の話であろうとされています。
     これに対して、既に実現されているような大量のデータ処理を元に学習し、結論を出すような「弱いAI」については研究がどんどん進んでいます。
     この2種類を分けて議論することにより、より現実的な議論や研究ができるようになるでしょう。

    
     参考:鳥海不二夫氏著「強いAI・弱いAI 研究者に聞く人工知能の実像」

  

  

 

  

 


BACメルマガ小暑号 クイズと正解

【クイズ】

 

     1. PMBOK(R) とは何でしょうか。

  

     1.あらゆる種類のプロジェクトのマネジメントについての知識体系

     2アプリケーション開発プロジェクトにおけるウォーターフォール形式での開発標準

     3.アジャイル開発手法についてまとめた最新のプログラミングのマネジメントについての知識体系

  

  2. PMCDF(プロジェクト・マネジャー・コンピテンシー開発体系)とは何でしょうか。

  

     1.プロジェクト・マネジャー向け最新の資格体系

     2.プロジェクト・マネジャーがプロジェクトの品質チェックを行う際に活用できるチェックリスト一覧

     3.プロジェクト・マネジャーの持つべき能力についてまとめた体系

  

    注:PMBOK(R)は、PMI Inc.の登録商標です。

 

【正解&解説】

  

  1. PMBOK(R) とは何でしょうか。

 

   〔正解〕  a. あらゆる種類のプロジェクトのマネジメントについての知識体系

  

   〔解説〕 

    PMBOK(R) Project Management Body Of Knowledge(プロジェクトマネジメント知識体系)の頭文字をとったもので、

    プロジェクトを成功裏に推進するための知識体系をまとめたものです。プロジェクトの立ち上げから終結までを、スコープマネジメント、

    リスクマネジメント、タイムマネジメント、リソースマネジメントなど、どのような観点で管理すべきかについてまとめられています。

 

  2. PMCDF(プロジェクト・マネジャー・コンピテンシー開発体系)とは何でしょうか。

 

   〔正解〕  c. プロジェクト・マネジャーの持つべき能力についてまとめた体系

    

   〔解説〕 

    PMCDFProject Manager Competency Development Frameworkの頭文字をとったもので、プロジェクトを成功裏に推進するにあたり、

    プロジェクトマネジャーが持つべきコンピテンシー(能力やスキル)についてまとめたフレームワークです。既に第2版が日本語でも発行されています。

    https://www.pmi-japan.org/bookstore/pm_std/pmcdf_2.php

    また、これの内容をわかりやすく解説した資料がPMI日本支部のStudy Groupから発表されました。

    簡単な読み物としてお勧めです。

    ※PMIの法人・個人スポンサーのみダウンロード可です。

    https://www.pmi-japan.org/news/info/2017_06_23_ningenryoku1.php

 

    注:PMBOK(R)は、PMI Inc.の登録商標です。