トピック

BACメルマガ芒種号 クイズと正解

【クイズ】

  

 1.プロジェクトマネジメントではQCDをバランスよく管理することが求められます。
    このQCDは3つの単語の頭文字から成りますが、その単語の組み合わせで正しいものはどれでしょうか。

  

    a.Quantity, Capacity, Delivery
    b.Qualification, Certification, Declaration
    c.Quality, Cost, Delivery

 

 2.アメリカで作成された、プロジェクトマネジメントの知識体系をまとめた資料の名前は以下のどれでしょうか。

  
    a.PMBOK
    b.ISO9001
    c.ITIL

  

【正解&解説】

 
 1.プロジェクトマネジメントではQCDをバランスよく管理することが求められます。
    このQCDは3つの単語の頭文字から成りますが、その単語の組み合わせで 正しいものはどれでしょうか。
 
  〔正解〕 c. Quality, Cost, Delivery

 

  〔解説〕

  

     プロジェクトとは、納期と成果物が決まっている、ルーティンワークではない活動を指します。

     このリスクの比較的高い活動をマネジメントするには、Quality(品質)とCost(コスト)とDelivery(納期)の

     バランスをとっていく必要があり、これらをマネジメントすることをプロジェクトマネジメントと呼びます。

  

  2. アメリカで作成された、プロジェクトマネジメントの知識体系をまとめた資料の名前は以下のどれでしょうか。

   

 〔正解〕 a. PMBOK

 

 〔解説〕

  
     プロジェクトマネジメントについての知識体系(Body of Knowledge)をまとめたもので、アメリカで編纂され、

     世界中で受け入れられているものにPMBOKという書籍があります。

     なお、イギリスで編纂された同様の書籍にはPRINCE2があります。

  

  

  

  

 

BACメルマガ小満号 クイズと正解

【クイズ】

 1.「情報セキュリティのCIA」とは、情報セキュリティを3つの単語の頭文字を組み合わせたものです。
   どの組み合わせが正しいでしょうか。

      1.Certification, Internet, Access
      2.Confidentiality, Integrity, Availability
      3.Collaboration, Integration, Anonymous

  

2. ISMSとは、Information Security Management Systemの略で、情報セキュリティ管理システム、つまり、情報セキュリティ管理するための仕組みを指します。
    これに関する国際規格の番号はどれでしょうか。

 

       1.ISO/IEC27001
       2.ISO/IEC20000
       3.ISO9001


【正解&解説】
 
  1.「情報セキュリティのCIA」とは3つの単語の頭文字を組み合わせたものです。どの組み合わせが正しいでしょうか。

  

    〔正解〕  b. Confidentiality, Integrity, Availability

   

    〔解説〕

      

     ・Confidentiality(機密性):情報が、知る権限を持つ人々によってのみ閲覧可能で、またそれらの人々にのみ公開される。

     ・Integrity(完全性):情報が完全かつ正確で、無許可の修正から保護されている。

     ・Availability(可用性):必要時に情報を入手および利用可能である。

  

 2. ISMSとは、Information Security Management Systemの略で、情報セキュリティ管理システム、つまり、情報セキュリティ管理するための仕組みを指します。
   これに関する国際規格の番号はどれでしょうか。

 

    〔正解〕  a. ISO/IEC27001

 

    〔解説〕

  

      1.ISO/IEC27001:情報セキュリティ管理に関する国際規格です。

      2.ISO/IEC20000:ITサービスマネジメントに関する国際規格です。ITIL® を元に作られています。

      3.ISO9001:品質マネジメントシステムに関する国際規格です。

  

  

  

BACメルマガ立夏号 クイズと正解

 

【クイズ】
   1. BSC(Balanced Score Card:バランススコアカード)とは、戦略経営のために業績を可視化し、

   企業のビジョン・戦略と結び付けて評価するための手法です。基本的には4つの観点でバランスよく

       評価するのですが、その4つの組み合わせで正しいものはどれでしょうか。
      

          a. 財務(Financial)、顧客(Customer)、業務プロセス(Internal Business Process)、

              学習と成長(Learning and Growth)
          b. People(人材)、Process(プロセス)、Product(製品、ツール)、Partner(サプライヤ)
          c. 花形商品(Star)、金のなる木(Cash Cow)、問題児(Problem Child)、負け犬(Dog)

 

   2. 目標を達成するためには、その進捗状況を測定するためにKPI(Key Performance Indicator:

       重要業績評価指標)を設定することが大切です。

       特に、(IT)サービスを提供する際には、顧客とSLA(Service Level Agreement:サービスレベル合意)

       を締結し、その合意目標を達成するためのKPIを設定するのが一般的です。
       それでは、サービスレベル管理そのもののレベルを測定するのに最適なKPIは以下のどれでしょうか。

         

      a. 毎月の可用性率
          b. インシデントの一時解決率
          c. SLAで合意された目標値の達成率

 

【正解&解説】

 
   1. BSC(Balanced Score Card:バランススコアカード)とは、戦略経営のために業績を可視化し、

       企業のビジョン・戦略と結び付けて評価するための手法です。基本的には4つの観点でバランスよく評価

       するのですが、その4つの組み合わせで正しいものはどれでしょうか。

 

     〔正解〕 a. 財務(Financial)、顧客(Customer)、業務プロセス(Internal Business Process)、

                     学習と成長(Learning and Growth)

 

     〔解説〕 
                  a. 経営において「財務」の観点がどうしても最優先されてしまいますが、長期的な成功のため

                     には「顧客」「業務プロセス」「(社員の)学習と成長」の観点も含めてバランスよく管理

                     していく必要があります。また、管理には測定による可視化は必須であるため、BSCの観点

                     から最適なKPIを洗い出し、測定することが大切です。

 
                  b. People(人材)、Process(プロセス)、Product(製品、ツール)、Partner(サプライヤ)

                     の4つの観点は、ITIL® が提唱する、「ITSMのための4つのP」です。

   

                c. 花形商品(Star)、金のなる木(Cash Cow)、問題児(Problem Child)、負け犬(Dog)

                     は、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)におけるマネジメント手法の4つの

                     分類です。

 

   2. 目標を達成するためには、その進捗状況を測定するためにKPI(Key Performance Indicator:

       重要業績評価指標)を設定することが大切です。特に、(IT)サービスを提供する際には、顧客とSLA

     (Service Level Agreement:サービスレベル合意)を締結し、その合意目標を達成するためのKPIを設定

       するのが一般的です。
       それでは、サービスレベル管理そのもののレベルを測定するのに最適なKPIは以下のどれでしょうか。

 

     〔正解〕 c. SLAで合意された目標値の達成率

 

     〔解説〕

  
                  a. 毎月の可用性率 : 可用性管理のKPIです。
                  b. インシデントの一時解決率 : インシデント管理のKPIです。
                  c. SLAで合意された目標値の達成率 : サービスレベル管理のKPIです。

 

       SLA内にはaやbの項目を合意しますが、それぞれはサービスレベル管理を測定するものではありません。 

       サービスレベル管理とは、顧客に最適なレベルのサービスを提供し、顧客の満足を得ることを追及する

       ためのマネジメントです。選択肢cや「顧客満足度」などが最適なKPIと言えます。

 

  

BAC会員特別企画「日本クイント研修特別価格キャンペーン」

日頃のご愛顧に感謝して、また、ITに関するマネジメントの重要性と最新のフレームワークを学習する機会を特別価格で提供いたします。

 

お申込み期間 : 2017年11月14日(火)~2018年06月29日(金)

対象研修期間 : 2017年12月04日(月)~2018年12月28日(金)

対 象   研 修   : 日本クイント株式会社「公開コース」 左記よりD/L

         (ITIL、SIAM、DevOps、リーンIT、ソーシングガバナンスなどITマネジメント関連の研修です。)

特別価格内容 : 上記対象研修につき、コース受講料金を2割引でご提供 

         ※試験代金は割引対象外

         例)ITILファンデーション(3日) コース:120,000円+試験28,000円のところ、

                           コース:96,000円+試験28,000円

お申込み方法 : 次のURLリンク先のページに遷移してください。

         https://bac2.echopf.com/event/entry/20171106145919

                          最下段の申込ボタンをクリックし「紹介者 又は コメント」の欄に

         以下をご記入の上お申し込みください。

         受講コース名、開催日

         ※注 複数名でお申し込みの場合は上記を繰り返し入力してください。

            改めて日本クイント社の担当からご連絡させて頂きます。

 

 そ  の  他  :   上記以外にも企業へ講師が伺って研修を行う一社研修にも対応しております。

         更に、内容・日数をご要望に合わせてカスタマイズすることも可能です。

         (新人研修、3年目研修、管理職研修等)

 

是非、この機会をご活用ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------