【クイズ】
 
1.イタリアの経済学者が発見した「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している」

 という法則(「80:20の法則」 「ばらつきの法則」とも言う)を元に分析する手法は以下のどれでしょうか。

  

  a.パレート分析
  b.フィッシュボーン分析
  c.なぜなぜ分析

     

2.「リードタイム」の説明で正しいものはどれでしょうか。

  

  a.見込み客
  b.商品を納品する期限(納期)
  c.発注から納品までの時間

  

【正解&解説】

  

1.イタリアの経済学者が発見した「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している」

 という法則(「80:20の法則」 「ばらつきの法則」とも言う)を元に分析する手法は以下のどれでしょうか。

     

 〔正解〕  a. パレート分析

  

 〔解説〕
  a.イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則で「パレートの法則」を元にした分析手法です。
    様々な要因のうち2割が、全影響の8割に起因するというような法則で、経済、自然現象、ビジネス等さまざまな
    事例にあてはめられます。
    これを活用した分析手法を「パレート分析」、さらにこの分析結果をまとめる図を「パレート図」と呼び、
    品質管理の分野では「QC七つ道具」の1つとしても有名です。

  

  b.この分析による「フィッシュボーン・チャート」(別名「石川ダイアグラム」)は、石川馨氏が考案した、
    物事の特性と要因の関係を系統的にツリー状にまとめて表現する図として有名です。これも「QC七つ道具」の1つです。

  

  c.「なぜ」を繰り返し、発生した問題の真の原因をみつけ、根本的に対策を打つための分析手法です。
    トヨタ生産方式の代表的な手法の一つです。

  

2. 「リードタイム」の説明で正しいものはどれでしょうか。
    
 〔正解〕 c. 発注から納品までの時間

  

 〔解説〕
   a.は「リード」です。
    「リードタイム」とは、発注から納品までの時間や期間のこと指します。このリードタイムを短くすることにより
    お客様が求める価値を速く届けることができます。トヨタ生産方式やリーンでは、このリードタイムを短くするための

       様々な手法が用意されています。