【クイズ】


 1.COBITというフレームワークでは、ITのガバナンスとマネジメントについてまとめられています。その中でガバナンスの主要な活動をEDMと表していますが、その3つの活動の組み合わせで正しいものはどれでしょうか?

   

  a. Evaluation(評価)、Direction(方向付け)、Monitor(モニター)

   b. Education(教育)、Destination(目標)、Management(管理)
    c. Economy(経済)、Domain(範囲)、Maturity(成熟度)

  

 2. 今年発表された最新のCOBIT 2019では、従来の「ITガバナンス」という表現をやめ「I&Tガバナンス」と     意図的に表現するようになりました。この「I&T」とは何の略でしょうか?

   
  a. Information & Technology(情報と技術)

  b. Internet & Technology(インターネットと技術)

  c. Information & Transformation(情報とトランスフォーメーション)

 

 

【正解&解説】


 1. COBITというフレームワークでは、ITのガバナンスとマネジメントについてまとめられています。その中でガバナンスの主要な活動をEDMと表していますが、その3つの活動の組み合わせで正しいものはどれでしょうか?

 

〔正解〕  a. Evaluation(評価)、Direction(方向付け)、Monitor(モニター)

 

〔解説〕

 COBITでは(特にCOBT 5 から)ガバナンスとマネジメントを明確に分離して定義されました。そこで定義されているガバナンスは「バランスが取れ合意された達成すべき事業体の目標を決定するために、ステークホルダーのニーズや、条件、選択肢を評価し(Evaluate)、優先順位の設定と意思決定によって方向性を定め(Direction)、合意した方向性と目標に沿って成果や準拠性をモニターする(Monitor)ことを確実にする。」と定義されています。

 

 
 2.  今年発表された最新のCOBIT 2019では、従来の「ITガバナンス」という表現をやめ「I&Tガバナンス」と意図的に表現するようになりました。この「I&T」とは何の略でしょうか?

 

〔正解〕  a. Information & Technology(情報と技術)

 

〔解説〕

従来「IT」は技術的なものという認識から、情報システム部門などの特定の組織部門がその技術に関する主要な責任を担うことが一般的でした。しかし、本来、事業体がゴール達成のために生成し、処理し、利用されるすべての情報は、それに関係する技術同様、事業体全体に関わるものであり、それを強調する(そして意識させる)ために「I&T」ちう表現に変えた、とされています。(日本ITガバナンス協会のWebサイト参照)