最近噂のバイモーダルとは?(前編)

ー最近噂のバイモーダルとは?(前編)ー

 

DevOpsに併せて、昨今ガートナー社から「バイモーダル」という言葉が発表されました。

 
 モード1:predictability(予測可能なこと)にフォーカスする働き方
 モード2:exploration(探検していくこと)にフォーカスする働き方

 
という異なる、しかし理路整然と整備された2つの働き方をマネジメントすることを指します。

 

昨今よく聞く議論に「バイモーダルITとなるにはモード2が大切だ。

モード1は古い。モード2を進めるにはDevOpsが必要だ。」というものがあります。


いかがでしょうか。みなさんの周りにもこのような意見を聞いたことがありませんか。
厳密に言えば間違っています。

まず、「バイモーダル」の「バイ」とは「両方」という意味です。

ですから、モード1もモード2も両方できることを指します。


モード1からモード2へ移行すべし、と言っているわけではないのです。

  
モード2が弱い企業は沢山あります。

しかし、モード2で探検的に作って行ったプログラムやシステムやサービスが落ち着いた時には、それはモード1で安定的に管理されなくてはなりません。

 

次に、DevOpsはモード1でもモード2でも必要です。
安定的なもの(モード1)ですら、Development(開発)とOps(運用)が協業できていないのに、

探検的にどんどん変化していく場合(モード2)でDevとOpsが協業できるわけがありません。

 

従って、バイモーダルやDevOpsの話をする場合には、本質的なところに立ち返って考えることが重要です。

 

 

 

 
 ------------------------------------
 <自己紹介>
   日本クイント株式会社
   代表取締役 最上 千佳子
   
   ITSM、リーンIT、ソーシングガバナンス等、ITをマネジメント
   という観点から強化しビジネスの成功に貢献するための、
   人材育成と組織強化のコンサルティングに従事。
   参考:「資格Zine」連載(http://shikakuzine.jp/author/15)
   
   ※ITIL(R)は AXELOS Limited の登録商標であり、
    AXELOS Limitedの許可のもとに使用されています。
    すべての権利は留保されています。